Mari Kawano
Homma 4.5
川野 麻里 本間四畳半オーガナイザー
2005年より広島で賀茂輝酒造さんの酒蔵を借り、イベントを行う<本間四畳半>の一応代表。過去の出演アーティストに、Immigrant's bossa band・エマーソン北村・Shima&ShikouDUO・今野英明・HAKASE-SUN・JABBERLOOP・Hands of Creation・quasimodeなど。残りの人生、太く長く…真剣に遊びたい!と思っている、優しい旦那と理解ある子供が頼りの、平凡な主婦。
http://honma-yojyouhan.cocolog-nifty.com/blog
‹ PREVIEW | 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 |
あ、

もどかしい。

もどかしい。

心がかゆいよ。

新年度がきたよ。

新しい「とし」が明けた。

素晴らしい一年に。

あ、
作詞・作曲 蔡忠浩

言ってることのほとんどは 冗談みたいなもんです
残りのちょっともあんまりよろしくないよ
とってもさみしいことだけど

大切なことホントは いつでもちゃんとわかってるのに
でもいつでも一人でこねくりまわして駄目にしてしまうよ

あぁ、見えないものに頼ってばかりいる
幸せのかたちなんてどうでもいいのにね

君に伝えなきゃいけないこと うなされるくらいあんだよ
いつも伝えなきゃいけないのに 泣きたい気持ちになんだよ
種をまかなくちゃ 水も引かなくちゃ もぎとれるくらいになったら
いつか伝えたいこの気持ち 少し大きめの あ、
どうかあなたの胸に突き刺され

少し大きめの あ、

春のうた


待ち遠しかった春がくるよ。

やっと、来るよ春。

どっちを向いてますか?

どんな顔であらわれますか?

満開でなくていい

1つでも花をさかせたい

特別にかしこまらなくていい

日常のように

あたりまえにそこにあればいい。

はやくあいたい。


春のうた
作詞・作曲 上野啓示

ねつけない夜も更け 静けさに身をうたれ
ひとり窓辺にもたれ たよりない月の影
いつか僕が振り返り 眼を細めて思い出す
どんな顔してるかなんて まるで分らないけど

名もない時間に揺れている 僕なりの
名もない春のうた 明日 晴れるかなぁ

名もない時間に揺れている 僕たちの
名もない春のうた 明日 君に会いに行こう

君に会いに行こう

雲の上まで

全てが終わって、お礼の気持ちを書こうと思って...
うまいこと頭がまわらない。まわったためしはないんだけどね。
■2月17日 本間四畳半+KuMiAi企画 賀茂輝さんで初めてのスタイルでの
tio・うぐいすパーク・SuzKen
■3月3日 franc'sさんのお手伝いさせて頂いた賀茂泉さんでの
ブルームーンカルテット
■3月16日 5年連続で参加させて頂いているMUSIC CUBEアリスガーデンでの
ベベチオ
■3月17日  同級生との再会で決まったこれまた5年目の「音開」EARTH BERRY COFFEEさんでの
ベベチオ
■3月20日 どうしても生ピアノでやりたくて初めてお借りしたCafe Sardinia Resortさんで
伊藤志宏さん

怒涛のように終わりました。
沢山の開催にも関わらず、皆勤賞の方もいてくださったり(お礼はハグで許してください 笑)
またいろんな人と「繋がってた」ことに、大好きな「音」に気づかせて貰いました。
今回は、ほんまに沢山!沢山!!!新しい出逢いが沢山!
1回、1回、いろんな事を感じました。
いいことも、悪いことも。
全てが終わったあと本間四畳半の3人がそれぞれに「同じこと」を思っていました。
自分だけの勝手な想いだと思っていたことが、いつの間にか3人の想いになっていました。
同じ夢を見ていました。
ぼそっと2人が呟いた言葉がほんまに嬉しかったし、心強い。
次回も、原稿を書かせて貰えそうなのでそこで書けたらと思っています。

「テンとセン。たまにネジレ」

新たなテンを打ち、センが繋がった。
2月・3月。
きっと、またねじれたりもするけども...

じらしすぎと評判の「1回目」
muku10_cover.jpg
つたない文章ですがどこかで見つけたら手に取ってみてくださいね。
今回も1人1人お礼を言いたいとこですが...
5つのイベントに係ってくださった方々。
気にかけてくださった方。
全ての人に。
ありがとうございました!
意外に体は疲れてなくて、暖かくなったのでランニング再開しよう!
と、岡山の帰りに言ったら...
「休ませろ!」と体がいいよる!と、めぐちゃんに叱られた深夜3時。
なので、少し休みます。
「ロッシ」M1機での2013年開幕戦カタールGPまで。
チェッカーと同時にピットクルーと一緒に元気にガッツポーズせないかんけんな!
イタリア国家を熱唱せんといけんけんな!!!

ありがとうございました!!!


雲の上まで
作詞・作曲 今野英明

国境をとびこえて とびこえていこう
金色にかがやく 雲の上まで

あこがれの場所に みんないつかいける
だから笑おう 南風に吹かれて

夕焼けを追いかけて 追いかけていこう
金色にかがやく 雲の上まで

追いかけていこう 追いかけていこう


ラジオと、この人が居ないと始まらなかった本間四畳半。
沢山の繋がりに感謝。
ありがとうございます。

つづく

終わってしまいました。
今年も参加させて頂いたMUSIC CUBE。
そして「音開」
今年も沢山の「扉」が開いたね。

みんな笑顔が嬉しくて。

心遣いが嬉しくて。
largo_20130317111932.jpg

1人1人、ご予約のお名前を言いたいぐらい。
でも無理なんですいません(笑)

2日間、最高のライブをありがとう。はやせくん、たいらくん。

毎年、素晴らしい場所を提供してくださってありがとうございます。広島テレビさん。

美味しい珈琲と心地よい場所をありがとう。EARTH BERRY COFFEEのひかるさん、美恵さん。

椅子を準備してくれてありがとう。えみ、ひろとくん。

一緒に頑張ってくださって、楽しんでくださってありがとうございます。大東さん、祐子さん。

いつも、ノビノビやらせてくれてありがとう。こうぞうさん、めぐちゃん。

近くから、遠くから、足を運んでくださって沢山の笑顔をありがとうございます。お客さん。

帰るとき、お父さんも、お母さんも、子供たちも。

仲良しの人も、はじめましての人も。

みんなが笑顔だった。

帰りに話しかけてくださったお母さんが

「眠ったこの子を抱きしめたまま今回のライブが見れて幸せでした!重かったけど(笑)」

と、言ってくださった。

ほんまに、幸せな時間を頂きました。

貰ってばかりですいません。

ありがとうございました。

まさしく、物語は、ずーーーーーーっと、つづく!!!やね。

また必ずここで逢いましょう。

ほんまに、ありがとうございました。

今夜はね「ベベチオブレンド」ではなくてひかるさんの焙煎する豆のなかで

一番好きな「ブラジル」を飲みながら余韻に浸るのです。

特別な夜だもの。

一番好きなもので締めくくりたい。

largo_20130317175320.jpg

つづく
作詞・作曲 早瀬直久

毎日 星降る夜と お酒があればいいね
泣いてしまったけど いつも笑ってたいんだよ

ダメになってしまいそうな時に
誰かの顔が愛くるしくて
こんなにも胸締め付けられて
最高になるだけなのです

終わりなんてないようなメロディ
天まで届いてくれるんだろうな
こんなにも確かな喜びが
最後になるわけないから

愛されて生まれたそれだけで
最高に幸せなのです

物語は 終わらないからね

物語は ずーーーっと続く

largo_20130317164112.jpg

ロックンロール

もしもね、科学が発達したり

特別な能力が目覚めたりして

過去の自分に

今の自分が話しかけることができるようになっても

この日の事は絶対に教えてあげない。

教えてやるもんか。

必死にバイトしてCD買ったりライブに行ったりしやがれ!

15年後

奇跡みたいな出来事がおきるから。

楽しみにしてろ!

やったな!!!

わーーーーぁ

やっぱ言いたい!(笑)

こんな日がくるなんてね。

15年経っても、竹安くんはかっこよかった!

隣に並んだ時、思わずおさわりしそうになりました。

今度はおさわりしてもいいですか?

夢のような時間をありがとうございました。

昔からそうだった。

ステージの上から全力で投げてきて

ステージの下で全力で受け止めてた。

愛おしい日々が甦った。

また、何かが動き出した気がした気がした。

largo_20130309233845.jpg

ロックンロール

作詞・作曲 鈴木圭介

ロックンロールはずっと流れてる 10代の頃から流れてる
泣きベソかいてた時にも 眠たい授業の時にも
ロックンロールはずっと流れてる 20を越えても流れてる
彼女と過ごした夜にも 上京したての朝にも

いつだってバカみたいに10年後も20年後も
ロックンロールは続いてく どこにもたどり着かず続いてく

ロックンロールがある時止まった
無言でどっかへ行ってしまった
あったかい春を待たないで
心臓の音だけを残して

何ヶ月がたったある朝
ロックンロールはまたやってきた
何にも変わってないのに
心の奥まで届いてた

いつだってバカみたいに10年後も20年後も
ロックンロールは続いてく
どこにもたどり着かないで

進歩も成長もしないままで そのままで
何にも変わらず続いてく 迷いのない声で続いてく

ロックンロールはずっと続いてる
ロックンロールはずっと続いてる
ロックンロールはずっと続いてる
ロックンロールはずっと続いてく
ヘイ ロックンロール

めざめの歌

忘れてはいけない。

でも、ほんまは忘れたい。

でも、忘れられない。 

私達が葛藤しながら、もがきながら憶えているから

あなた達は悲しみや苦しみを忘れていいよ。

そうおもうんだよ。

あなたがそこに居てくれるから

繋がっていてくれるから

身近に感じることができる。

なんとかしたいと強く思う。

また逢いにいきたい。

連れていってね

福島と広島を繋いでくれた使者。

ありがとう。

largo_20130311094235.jpg

あの日から特に2011年が終わるまで

毎日、毎日、不安や、恐怖や、悲しみで数時間おきに目が覚め眠れなかった。

胃は食べ物を受け付けなかった。

もっと、大きくて、深い、悲しみや、苦しみと闘っている人が今もいる。

自分の苦しみと比較できないぐらいの想いを抱えている人がいる。

広島の「今」は福島の「未来」私はそう思っている。

多くの人が想ってくれたから、力を貸してくれたから

そして頑張ってくれたから

私達が笑っていられる。

だから、恩返しをしないといけない。

「過去」の人たちがしてくれたように「今」の私たちが「未来」の人たちに。

へこたれてる場合じゃないと自分に言い聞かせてきた。

上関の原発の問題で仲間が傷つけ合い始めた

あれから、この歌をライブで聴くといつもいつも泣いていた。

今年は違った。

新しい命の宿った歌声は、強く、のびやかに

明るい未来を照らしていた気がした。

美しいあの地が

あたたかくて美しい春を迎えることができますように。

大好きなあの人たちと、また一緒に笑えますように。

子供達が、自分の未来を自分の「手」で「言葉」で

心を傷つけることがありませんように。

守りたい。

ただ守りたい。


めざめの歌
作詞・作曲 二階堂和美

今日のこのひとときは もう二度と帰らぬと
はっきりわかった
素直になるわ

この世のすべてはどうにもならない
それでも生きる
わたしは生きる

『ヴィジオネ-ル』

怒涛のように2月は過ぎて行きました。

一月は行く

二月は逃げる

三月は去る

なんでしょう?

なんか、もっといい言い方ってないのかな。

1月は入れる

2月は煮込む

3月は咲く

だめだ、センス無い。
でも、今まで育ててきたものが色んな花を咲かせる季節な気がします。
先日3月3日、賀茂泉酒造さんでのブルームーンカルテットのライブ無事に終了いたしました。
毎回、思うのですがこの方たちはお客さんを楽しませる天才です。
会場中のお客さんが笑顔で。
あっちもこっちも、笑い声で溢れ返ってた。

こんな小さな町に大好きな音を奏でる人たちが来てくれて。

その音を好きな人たちが会場に溢れてて。

いつも来てくださる方

はじめましての方

遠方から

ご近所から

音楽を通じて、どんどん大切な人が増えていく。

音を奏でることもできないのに、こんなに音楽に幸せにして貰ってありがたい。

そんな風に思うのです。
そして老若男女が集まって、分け隔てなく一緒に笑いあうことができるこの町が
ええなあ。って、最近つくづく感じます。
franc'sの大東さん、祐子さん。今回も誘ってくださってありがとうございます。
ブルームーンカルテットの、富永さん、黄さん、おうじさん、工藤さん。
楽しい時間をありがとうございました。
足を運んでくださった方、気にかけてくださった方。
関わってくださった全ての人に...
ありがとうございました!!!

さてさて、3月は沢山西条で音が鳴ります。

ほんまに大好きな音ばかり。

最後の発表は

伊藤志宏

「ヴィジオネール」リリースライブ

Shima&ShikouDUO、audace、林 夕紀子さんとのDUOで西条に来てくれている

本間四畳半ではおなじみの「伊藤志宏」さん。

待望のソロピアノ作品

『ヴィジオネ-ル』

のリリースを記念したツアーで西条に来てくださいます!

西条では初の「生ピアノ」での演奏。

『ヴィジオネ-ル』

とは、フランス語で

幻を視る者

と、言う意味らしい。

私は、志宏さんの音を聴いているとき

いつも

『ヴィジオネ-ル』

だと言っても間違いではない。

いつも、志宏さんが奏でる音は色んな景色を魅せてくれる。

私は音楽について難しい事はよくわからないけれど...

聴いていて景色が見える音楽が好きだ。

と、言うことは志宏さんの音が大好きだってことになる。

私の大好きな志宏さんの音を

あなたにも感じて欲しいと思っています。

ピアノだけのライブって...ちょっと難しい感じかも...
なんって思ってる方もいるかもしれません。
そんなことないんです。
自分の感覚で感じて貰えたら、それでいいと思うのです。
上手く表現できないけれど...
「想い」や「感情」。そういった心にあるものって言葉にするのは難しくて。
なら無理に言葉にせずに、思い浮かべてみたらいいとおもうんです。

作品はどんなに想いを込めて作っても

作った本人にの手を離れた時

誰かの心に届いた時

変化をしてしまう。

感じ方に正しい答えはきっとなくて。

そこが音楽や絵画の悲しい所であり

いいところな気がするんです。


shikouフライヤー-omote.jpg

■日にち 2013年3月20日(水)
■開場  Cafe Sardinia Resort
広島県東広島市西条町下見3022-5 グルメタウン ギャリープラザ1F
■時間  open 16:30 start 17:00
■料金  前売 ¥2,500 当日¥3,000
(共にワッフルとソフトドリンク付)
※+500円でワインとおつまみに変更できます
※小学生以下無料
■LIVE 伊藤志宏(pf)
チケット問い合せ
■本間四畳半 honma4.5@nifty.com
■franc's 082-421-5896 francs@circus.ocn.ne.jp 


『ヴィジオネ-ル』

このアルバムに歌詞はありません。

自分の想うままの景色を見てください。

その景色が見えたなら

言葉はいらないのかもしれません。

エンディング

あっと、言う間に終わってしまいました。

本間四畳半+KuMiAi

tio[melanchlic pt2 ]Release Live

大好きな人たちに「おかえり」と

曖昧に覚えていた人たちに「ご無沙汰しています」と

初対面の人に「はじめまして」と。

嬉しくてニヤけちゃったり

緊張してひきつったり

でも、時間が経てば一緒に笑える

そして、また好きな人が増える

音楽って凄いよね。

想いの詰まった音は、みんなを笑顔にさせる。

沢山の人を

ううん、1人1人を幸せにできる

そんなことをやってるんだよ!

って、胸張って貰いたい。

tioの、水谷くん 新美くん 下田くん 伊藤くん

ほんまにリリースおめでとう。

みんなで笑顔になるきっかけ作ってくれてありがとう!

うぐいすパークの、けんちゃん ふーちゃん

オルタビンゴの、デュークさん

Suzkenさん

そして舘さん。

一緒に西条に来てくれてありがとう。

楽しい時間をありがとう。

そして、快く4人の為に演奏してくれてありがとう。

あんなに人を笑顔にできるって凄いよね。

いつも、隣の芝生が青く見えて

眩しくて、羨ましくて。

でもね、あんがい自分の芝生も青くてキラキラしてるんぢゃないかと思ったよ。

大人が楽しんでいる姿を子供に見せれるこの場所が私は好きだ。

早く大人になりたい!一緒に楽しみたい!と、子供に思って貰いたい。

こんな歳の取り方したいと思う人に出逢えるのもいい。

センセイに出逢って思った。

小学校2年生になった友達が

「まりさん!大人になったらボク宇宙に行くよ!」

って言うのが。

中1の娘が幼稚園の時から

「デザイナーになりたいの!」

と、言うのが。

私は、根拠もなく叶うのではないかと思っている。

それと、おんなじように40歳に手が届いてしまいそうなわたしの

小さくて、でも私には大きい夢も

叶うのではないかと思い始めている。

きっと、あなたのこころにある夢も叶うはず。

私の根拠のない思い込みは結構あたるんよ。

それも、また根拠が無いけど(笑)

だから聴かせにきてね。

ここでまっています。

何度でもいうよ。

おかえり

って。

だいすきなあなたに。

そして

素敵な音を生み出してくれてありがとう

tio

生まれてきてくれてありがとう

まっさん、めぐちゃん、こうぞうさん。

proxy.jpg

同じ時間を過ごしてくれたすべての人に

多謝。


エンディング
作詞 Fusako
作曲 Kenzo Aoki

移ろう言葉をこの指でなぞる
その先にある景色が見たい
繋がるこの道うねるその先も
歩きつづけりゃまた逢えますか?
強く願うよ

小さな一歩は大きな嵐へ
走り出す勇気ボクに下さい
差し出された手を強く握りたい
凛と立ってまたここで逢いましょう

何気ないことがとても愛おしい
僕ら奏でるこのハーモニー

ありがとうの気持ち君に伝えたい
凛と立ってまたここで逢いましょう

凛と立ってまたここで逢いましょう

女はつらいよ

まずはここから→クリック

実は先日逢ってきましてね。

お腹には新しい命が。

胸には相変わらず大きな想いが。

胃袋にはパスタのコースとガーリックバケット2人分が入ってた(笑)

いろんな話をしたよ

ぶっちゃけ話

笑い話

几帳面話(笑)

勿論、真面目な話もちょっぴりと。

まだまだこれから一緒に楽しんで生きたいなぁ。

あんなことや、こんなことやりたいね。

新しい命がくれるもの山ほどあるよね。

いいことも

やっぱりそうでないことも

だって自分のことより真剣だもの。

きっと、新しい「感性」が「感覚」が「感情」が作用するのかな。

やっと、堂々と人に話せるよ

スッキリ!

映画も楽しみなのだ!ふふふっ。

おめでとー。

大好きよ。

貴女のうたを聴いてると...

逢いたいときに逢いたいと。

好きな人に好きだと。

素直に伝えねば。

そんな風に想うのです。

なかなか言えないけれどね。

想いが強ければ強いほど...

女はつらいよ

女はつよいよ

女はたのしいよ

これからも一緒に楽しんでねっ。

宜しくお願いしますね。

にかさん。


女はつらいよ
作詞・作曲 二階堂和美

あの人いまごろどうしているか
毎日 どの道歩いているか
買い物してるか
米といでるか
この世のどこかで生きているか

ああ あなたが好きですと
言えぬままに 二度とは逢えぬ
なぜ 言えぬまま 別れが来たの
悔やんでも このばかは
同じ過ち 繰り返す

悔やんでも ばかだから
いつまでも もどれずに
気づいても ばかだから
何度でも くり返すのね

アイ ラブ ユー,ベイビー

あの人がツアーに参加で

数年ぶりに目の前で鍵盤を弾いているのが

嬉しくて!嬉しくて!嬉しくて!!

最近一人だったあの人が音数多い中で歌っているのが

嬉しくて!嬉しくて!嬉しくて!

心がぎゅーーーっとなったよ。

十年前の苦しみや

数年前の悲しみや

大きな選択や

勿論、楽しかったことも

嬉しかったことも

いろんなものがこれで良かったんかなぁ~。

って、ライブを見ながら思ったよ。

疑問でなくて納得で。

これからも

いまこの瞬間も

いろんな選択をしようとしてる

沢山の事を模索している

悩んでいるし

苦しかったりもする

でも、きっと。

なんとなく

なんとなくだけど

十年後

また

これで良かったんやなぁ。

って、思えそうな気がした。

前へ

前へ

きっと、どの選択も間違っていない。

一生懸命に選んで進む道ならば。

今、大事に思ってる人達と時が経っても

一緒に変わらず笑っていれそうな気がした。

2013年のライブは、1回1回本当にいろんなものを感じさせてくれている。

きっと、みんなが誠実に伝えてくれているからだと思う。

ありがたい。

ビューティフルハミングバード

キセル

次松くん

次は自分の番です

よっし!頑張ろ!!

遊びに来てくださいませ。

■2013年2月17日(日)
本間四畳半+KuMiAi企画 tio[melanchlic pt2 ]Release Live
■15:00 open / 15:30 start
■前売 1,500円(1drink別 500円)
 当日 2,000円(1drink別 500円)
 ※小学生以下無料
■Live
tio
うぐいすパーク
SuzKen
■会場 広島県東広島市西条町 賀茂輝酒造 円座(わろうだ)
■チケット問合せ・取扱い
[KuMiAi]  e-mail info.kumiai@gmail.com 
[本間四畳半] e-mail honma4.5@nifty.com
[franc's] TEL082-421-5896 http://invalid.invalid/


アイ ラブ ユー,ベイビー
作詞:次松大助
作曲:佐々木一右衛

あっというまに 10年経ってさ
にあわない髭をのばしてみたり

ひょっとしたまに 100年ふやけて
きみはそれでもかわいくわらって

そしてぼくは両手をたたいておどるよ
くちぶえと鐘の音のなかで

春の小道に しわをのばして
ぼくはこう云うのさ

「アイ ラブ ユー、ベイビー」

‹ PREVIEW | 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 |

MuKu magazine BLOG

November 04, 2015.
TITLE:CHILDREN
May 23, 2014.
TITLE:Fes! Fes
September 24, 2012.
TITLE:ルーツ
August 09, 2012.
TITLE:Recent w
July 27, 2012.
June 23, 2012.
December 04, 2011.
TITLE:思い出と
December 10, 2010.