Mari Kawano
Homma 4.5
川野 麻里 本間四畳半オーガナイザー
2005年より広島で賀茂輝酒造さんの酒蔵を借り、イベントを行う<本間四畳半>の一応代表。過去の出演アーティストに、Immigrant's bossa band・エマーソン北村・Shima&ShikouDUO・今野英明・HAKASE-SUN・JABBERLOOP・Hands of Creation・quasimodeなど。残りの人生、太く長く…真剣に遊びたい!と思っている、優しい旦那と理解ある子供が頼りの、平凡な主婦。
http://honma-yojyouhan.cocolog-nifty.com/blog
‹ PREVIEW | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 |
物語はつづく

本間四畳半vol.35
おおはた雄一 夜の歌が聴こえる
無事に終了いたしました。

沢山の方の笑顔に
1曲づつ鳴り止まない拍手に
おおはたさんの深くて長いおじぎに
大好きな人たちの幸せそうな顔に。
5時間も続いた打ち上げに(笑)
ほんまに幸せ者だとスタッフ3人で話しました。
めぐちゃんと、打ち上げ会場の隅で手を取り合って
幸せすぎて、笑いながら泣いたのは初めてです。

「老若男女が共に同じ時間を楽しんで貰いたい」
そんな風に想ってイベントをしている分
気配りが行き届かず...
大人のお客様に嫌な思いをされて帰られる方も居られると思います。
そして、逆に子どもたちに大きな負担をかけてしまっていることもあると思います。
それでも、みなさんのお力を借りながら
色んな方法を試行錯誤しながら
色んな世代のみんなで
「同じ時を重ねて生きていけたらいいなぁ」
そんな事を大事にしながら
イベントを続けていきたいと思っています。

1年前「不安」と「悲しみ」の真っただ中だった瀬戸内ツアー
今回は「希望」と「楽しみ」で心を躍らせています。
落ち込んでいる時には、必ず誰かがビックリするように現れて
お腹が痛くなるくらい笑わせてくれる。
荷物が重くてへしゃげそうなとき、必ず沢山の人が力を貸してくれて一緒に持ってくれる。
ほんまに幸せです。
ありがたい。

そして、今回あらたに
おおはたさんに向けられた、お客さんの拍手が勇気になり
お客さんに向けられた、おおはたさんの想いが力になる

音楽が好きな人たちが

音楽を「大事」にしながら聴いてくれる

おとなも、こどもも

こんな幸せはありません。

ありがとうございます。

大好きな場所に

愛おしい音に

大事な人たちに

かかわってくださった全ての人に

ありきたりですが...

これしかないのです。

幸せな気持ちを

ありがとうございます。

多謝。

IMG_20150615_180843.jpg

また、ライブレポートになってませんね。
すいません。
もう諦めてください(笑)

物語はつづく
作詞・作曲 おおはた雄一

今この瞬間にも
僕らはこうして生きている
信号の色が変わって
心臓の鼓動が熱くなる
止まれない 止まれないよ
歩くしかないよ 歩くしかないよ
夜が明けるよ 夜が明けるよ
あの子のおでこを撫でてあげてよ
夜が明けるよ 夜が明けるよ
忘れた頃にいいニュースがやってくる

夜が明けるよ 夜が明けるよ
かすれた声で 物語はつづく

エーデルワイス

初めて音を聴いたあの日から。

もう、数えるのも面倒くさいくらい

十数年の月日が経つ

色んな音に出逢わせて貰い

たくさんのリズムを教えて貰った。

こんなに長い間、飽きずに変わらずファンでいれるってことは

幸せなことだなぁ。

と、改めて想いながら家へ帰る。

その音に出逢えてよかったなぁ。

と、思っているよ。

いつも幸せな時間を、ほんまにありがとう。

お互いの還暦パーティーで、初の「オリジナル曲」披露を楽しみにしています(笑)

それまでファンでいれるように変わらずかっこよくいてねっ。

宜しくね。

IMG_20150528_190039.jpg
エーデルワイス
作詞 HAMMERSTEIN OSCAR II・作曲 RODGERS RICHARD

エーデルワイス エーデルワイス

ほほえむ花よ

悲しい心 なぐさめる花

はるかアルプスの峰の 雪のように

エーデルワイス エーデルワイス

かがやけ永久に

ホントはみんな

ナンディーさんからの
サークルからの
リブラボさん。

キュンとしたり
ぐっとしたり
くぅ~ってなったり
ワクワクしたり
ドキドキしたり
ゆらゆらしたり
ジャンプしたり
笑ったり
泣いたり

まだ、そんなことやってんの?
と、思われてもいい
これからも、みんなで笑っていたい
そんなふうに思った1日目

ああ、これが好きってことなんだなぁ。
そんな事を改めて教えてくれた2日目

同じ時を重ねて行くことの尊さを
しみじみ感じた泣きっぱなしの3日目

音楽によって、繋がっていることに気づかせて貰った
大好きな人達との日々。

大好きな人達に

愛おしい音に

同じ時間を過ごして下さった皆さんに

感謝しかない4日間。

ありがとうございました。

またすぐに逢いましょう。

明日から始発5時の通常運転です。

16488_789759424464524_288605551153772038_n.jpg

ホントはみんな 歌・高田渡 作詞・斎木良二 作曲・徳武弘文

家には待ってる人がいる

それがみんなの明日になる

家には待ってる人がいる

それがみんなの元気です

群青讃歌

大好きな人達と待ち合わせして
初めての音を聴き
変わりゆく沢山の絵をみた日。
私は目を閉じてライブを聴くのが好きで、よくそうしている。
息つぎのあいだに見える景色がとてもおもしろい。
今日は目を開けると、目の前の景色が物語のように移り変わっていてとても気持ちがよかった。
ライブってやっぱりなまものだなぁ...と強く感じた。
色んな所でたくさんのライブを見ている人が、企画するイベントは、ほんまに面白い。
やるばっかりで、足を運んでいない人や、お金を払わずに見ている人のイベントとは一味違う。
伝えたい想いは、やっぱり見て貰わないと伝わらないから。
私が見て聴いて感じたことや、出逢った新しい感動を。
また他の人にも出逢って貰えたらなぁ。
樽木栄一郎さん、近藤康平さん
佳い出逢いの日でした
ありがとうございました。
綾さん、おつかれさまでした。
ありがとう!
まだまだ知らないことがあり。
出逢ってない音があり。
繋がっていることに気づいていない人がいる。
まだまだ、色を付けることができる。
なんだか、ますます楽しみじゃないか。
IMG_20150429_170257.jpg


群青讃歌 
作詞・作曲 樽木栄一郎

白とか 黒とか やかましい
紫、焦げ茶で いいんです

マーブル模様に ときめきを
ひとつひとつに カガヤキを

明日のキミへ マタタキを

夜の歌が聴こえる

去年も大好評だった「おおはた雄一 瀬戸内ツアー」が、今年も開催決定しました!
2015年3月9日に2年半ぶり7枚目となるニュー・アルバム『夜の歌が聴こえる』がリリースされました。
そのリリースを記念して、今年も「おおはた雄一 瀬戸内ツアー ふたたび」が開催です!
広島は、EARTH BERRY COFFEEさんをお借りして開催させて頂きます。
昨年の「瀬戸内ツアー」の次の日の朝に一緒にお店寄り、選んだ珈琲をテイクアウトし
新幹線の駅の改札前のベンチで飲みながら「また、必ず西条に来てくださいね」と話したのを思い出します。
そんな場所で、今度はおおはたさんの歌を聴きながら珈琲を飲めるなんて嬉しい限りです。
今回のフライヤーは、以前EARTH BERRY COFFEEのオーナーさんが豆の買い付けに海外へ行かれたときに撮影されたものを使用させて頂きました。
おおはた雄一_omote.jpg
西条の小さな町にも、遠い珈琲豆の母国でも。
必ず、夜がやってきます。
きっと「夜の歌」はゆっくりと夜が訪れる時に聴こえてくるんだろうなぁ...
そんな風に想いながら写真を見ていたら出逢った1枚です。
お昼の15時から、夜が訪れるまでの間に。
是非「夜の歌」に耳を傾けに来てください。
そして、自分でもビックリしたのですが...
実は、EARTH BERRY COFFEEさんで本間四畳半単独でイベントをさせて
頂くのは初めてで(笑)そんなことに気づいてしまい無駄に緊張してしまいました。
ありがたいことにチケットが既に沢山動いています。
完売の場合は当日券はでませんので、ご希望される方はお早目にお願いします。
なお、ご予約後のキャンセルは「如何なる場合」もお受けできませんのでご了承ください。

以下詳細です↓
本間四畳半企画 vol.35 「夜の歌が聴こえる」
■2015年06月14日(日)
■会場 EARTH BERRY COFFEE■Open 15:00 Start 15:30
■前売 3,500円 (1ドリンク付)
 当日 4,000円 (1ドリンク付) ※小学生以下無料
■LIVE おおはた雄一
■チケット問合せ・取扱い
 [EARTH BERRY COFFEE]
TEL082-421-6155
e-mail shop@earthberrycoffee.com
http://earthberrycoffee.com/
 [本間四畳半]
e-mail honma4.5@nifty.com
 [franc's]
TEL082-421-5896 http://www.francs.jp
■おおはた雄一
1975年茨城県生まれ。
ブルースやフォークミュージックをルーツとするシンガー・ソングライター、ギタリスト、音楽プロデューサー。
2004年、1stアルバムを発表。
現在までにオリジナルアルバムのほか、カバー、インスト集など合わせ、13枚のアルバムを発表している。
代表曲「おだやかな暮らし」は、クラムボンなど多くのアーティストにカバーされている。楽曲提供(畠山美由紀、湯川潮音など)や、アルバム録音の参加も多数あるほか、映画音楽・CM音楽、ナレーション等、広く活動を展開。
芳垣安洋(dr)・伊賀航(B)とのトリオや、坂本美雨とのユニット「おお雨」でもライブ出演。福岡晃子(チャットモンチー)との新ユニット「くもゆき」としても活動を開始し、2014年に1stアルバム「くもゆきのいろ」を発表。
2015年、2年半ぶりとなる待望のオリジナルアルバム「夜の歌が聴こえる」をリリースした。
www.yuichiohata.com

夜の歌が聴こえる アルバムダイジェスト

あの人がやって来る

いま、告知せねばならないイベントが3つあります。
そのことを書かねばと、焦っております。
1つ目は、お手伝いをさせて頂くもの。
2つ目は、久しぶりの単独開催。
3つ目は、共同開催。
ここ数年で、色んなイベントをされている人たちと一緒にイベントをさせていただく事が多くなりました。
それによって、単独ではなかなか実現できないことが、少し楽に現実にすることができるので
とてもありがたいなぁと思います。
一緒にやることによって、自分達のイベントに来てくださってるお客様以外の方にも聴いて貰えるし。
お客さんが増えればミュージシャンの方にも還元できる金額も多くなる。
そして、自分たちの負担も軽減します。
こうやって、気の合う人達とタッグを組んで、色んな人を呼べる環境っていいなぁ...
そんな風に思います。
てなことで、隠し持ってる1つ!お手伝いをさせて頂くライブをご紹介。
今回は先日「ロマンチスト宣言」がリリースされた「矢舟テツロー」さん
11111793_766103763496757_985653229864079475_n.jpg
のライブのお手伝いをさせて頂きます。
ずっと、広島に来て貰いたいと思っていた「矢舟テツロー」さん。
岡山までは来て貰えたのに...
自分だけではなかなか環境を整えられず...
実現できなかったことが寂しかったし、悔しかったのも事実。
そんな矢舟さんに、やっと、やっと広島に来て貰えます!
「広島に呼びたいね!!!」
って、ずっと一緒に言ってた、Groovin' のイカシタバイヤーでありながら
家族ぐるみで音友達のスミハラさん開催のイベントをお手伝いをさせて頂きます。
しかも、会場は...
毎日食べたいくらいの...言い過ぎました(笑)
3日に一回は食べたいくらいの美味しいカレー屋さんnandiさんで。
たまたま、四次元ポケットから出した矢舟さんのCDから、nandi平原さんと大学のジャマイカ音楽サークルの先輩後輩ということが発覚!
これは、お願いするしかないでしょう!ってことで実現しました。
日本は、ほんまに狭くて面白いなぁ。
って、思います。
シンガーソングライター、ピアニスト、ヴォーカリスト。
ジャズをベースに「ヒップな」音楽を作り続ける、
日本では数少ないピアノ弾き語りスタイルのミュージシャン。
矢舟さんの初の広島ライブです!!
レコ発ライブという節目の時に広島へ来て貰えるなんて嬉しいし、ますます楽しみです!
是非、遊びに来てください☆
以下詳細です↓

■5月15日₍金)
■開場18:30 開演19:30
■¥2000
■nandi
広島県広島市中区小町6-20
TEL:082-249-4511 / 090-7008-4238
e-mail:7300041nandi@gmail.com
■こちらでもご予約-お問い合わせ受付いたします
[本間四畳半] e-mail: honma4.5@nifty.com

あの人がやってくる
作詞・作曲 矢舟テツロー

あの人が 今 やって来る
足音が ほら 聞こえる

夜空のうた

お礼が遅くなってしまいました。
先日21日。
昼間のMUSIC CUBE 15、そして夜の賀茂泉酒造さんでのWATER WATER CAMELのLIVEすべて無事に終了いたしました。
アリスガーデンでは、青空の下でたくさんの人に声をかけて貰いました。
賀茂泉酒造さんでのライブは、今までのお客さまに加えて新しいお客様も沢山来て下さいました。
子ども達も沢山。
実は朝からいろいろあって。
ノミの心臓は握りつぶされそうで。
何回も、信頼ある人達に蘇生されて無事に終わることができました。
こっそりとドアの隙間から見させて貰った景色はあったかくて。
漏れ聴こえる音は優しくて。
お客さんの笑顔や来て佳かったと声をかけて貰えたら...
あーやってよかったなぁと救われた瞬間がやっとこ訪れました。
10年やっても、まだまだ、不甲斐ないことがたくさんあって、いつも反省点がありますが...
色んなところに足を運んで、楽しみながら学んで、盗んで、吸収して成長していけたらと思っております。
これからも宜しくお願いします。
21日、足を運んでくださった方、気にかけて下さった方、ありがとうございます。
賀茂泉さん、music cubeの関係者の方々、franc'sさん、ありがとうございました!
そして WATER WATER CAMELの皆さん、ほんまにありがとうございました!!
もう先の事がいくつか決まっておりますが...
私生活を含め、少し山を越えたのでポカーンとしています。
気を緩めると、いつの間にやら眠ってしまいます(笑)
今回も関わって下さった全ての方に沢山の感謝を。
ありがとうございました。
「夜空のうた」で、須藤さんが弓を引くその音の響きに胸がとても熱くなりました。
西条で、こんなに早く日本酒を片手にライブをできること
今回もまた、老若男女分け隔てなく同じ時間を共有できること
それが、ただただ嬉しくて。
諦めかけてたこと、妥協してきたこと。
そんなものが、色んな人のお力添えで少し解決した日。
ほんまに感謝しかありません。
ありがとうございます。
それも、water water camelの皆さんが1つ返事でライブを受けてくださったから。
また必ずや西条に音を響かせて欲しいです。
と、いうか今度は利き酒しながら呑み歩きしたいですね(笑)
IMG_20150322_093056.jpg

夜空のうた
作詞・作曲 齋藤キャメル

懐かしい夢みたいな
時間が今僕を包んでいます
果たせなかった約束やなんかも
過ったりします

大切な思い出の
いくつかを夜空は
教えてくれるでしょう
僕を信じて見上げてごらん

想像をこえる日

私事ですが娘が先日、志望校に合格しました。
ホッとした反面、ここからが実は大変なんだろうなぁと身が引き締まりました。
「やりたいこと」を、その歳からみつけ努力をし自分の手で掴みはじめるなんて...
我が娘ながら、やるなぁ~と思ったり、羨ましく思ったり。
負けらんないな~と奮い立ったりもして、いい刺激を貰っています。
もう、既に何回か新生活の場所へ通っているのですが...
今まで以上に2人でゆっくり話す時間ができてありがたいなぁ。
そんな風にも思っています。
受験の帰り道に名前の由来を聞かれました。
私は、1週間くらい軽い陣痛みたいなのがあって全然寝れなくて。
産んだときに意識が朦朧としていた私は娘の泣き声が笑い声に聞こえた。

笑い声は幸せの音。

幸音

笑い声に包まれて生きていけますように...
と、願って名付けたと。
笑うって日常のささいなことで。
でも、いつも笑顔でいることはとても難しいこと。
心にいつも「幸せの音」をもって、私たちの「想像をこえる日」を迎えて欲しいなぁ。
そして、私は音を生み出すことも、奏でることもできないけれど、それでも場を作る事によって
一瞬でも笑顔を作るお手伝いをできれば...そう思って毎回やってます。
子育てと一緒で、何回やっても1回1回がはじめてのことのように感じます。
その場所で、次に音を奏でてくれるwater water camelのライブは来週21日です。
ほんまに、素晴らしい時間になると思います。
是非、遊びに来て貰えたら嬉しいです。
一緒にささやかだけど、笑顔の時間を過ごせたら幸せです。
フライヤー_A6_omote.jpgのサムネイル画像
■2015年03月21日(土)
■会場 広島県東広島市西条上市町2番4号
賀茂泉酒造
■Open 18:30 Start 19:00
■前売 3,800円(1D付)
 当日 4,300円(1D付) ※小学生以下無料
■LIVE WATER WATER CAMEL
■チケット問合せ・取扱い
 [本間四畳半] e-mail honma4.5@nifty.com
 [franc's] TEL082-421-5896
 http://www.francs.jp


想像をこえる日
作詞・作曲 齋藤キャメル

いつも笑顔を忘れずに
そんなつまらないことからはじまる
あなたの夢みたいな世界は
そんなつまらないことからはじまる

賛否両論のテーマ

初めて「音楽なんてどうでもいい」そんな風に思った日。

建物からモクモクと水蒸気が出続け

毎日毎日、悲痛の叫び声と泣き叫ぶ声

しだいに声はすすり泣きとなり

同じ映像がTVから流れ電源を切った。

映像に耐えられなくなったずるい自分に

この沢山の人の苦しみを思い知らす為に

逃げないためにラジオを聞いていた。

何時になってもラジオからは沢山の人の名前と

「何度でも、何度でも、立ち上がり呼ぶよ」

と、女性歌手の歌ばかりが聞こえた。

そんな日々。

数日後のイベントを開催を決定する知らせが入った

「広島で楽しみにしている人の期待を裏切ることにもなる」

電話越しに聞こえた声に

「ふざけんな、そんな人達の期待なんかどうでもいい」」

そう、答えたかった。

いろんな人に相談した。

同じ日にイベントを企画していた信恵さん

岡山で暮らす、音友達の真理さん

franc'sさん

メグちゃん、こーぞーさん。

そして、出した結果を、ハッチさんに伝えたら

「行きます」

と、一つ返事だった。

そこから、急ピッチで準備をし直し

ニカさんにすぐに電話をして、今までみんなで問題定義してきた上関のチラシを作って貰った。

原発のことで、傷つけ合った事に答えが出た気がした。

今こそ、考えねば。

そう、思った。

勿論、キャンセルも出るだろうと思ったし

もしかしたら、誰も来ないかもと覚悟もした。

開催すると決めても、まだ音楽の必要性、開催の意味なんて見いだせなくて。

アリスガーデンステージは中止になり、急遽クアトロのオープニングアクトに変更

満員の会場に、ギュウギュウ詰めの若者たちは

ハッチハッチェルバンドの音に笑い体を揺らし

そして声に耳を傾けてもくれた。

「少しの無理」

ハッチさんの言葉にハッとした。

西条での「音開」もキャンセルどころか満員のお客様で

みんなが、くちゃくちゃになって泣いていた

心に沈めて溜まっていたものを吐き出すように。

大好きな福島出身のあの子とも、抱き合って泣いた。

音楽って、すごいなぁ。

やっと、イベントを開催したことの意味がわかった。

小さなことしかできないけれど、少しでもかかわれて良かったと思った。

MUSIC CUBEは私にとって、ただのイベントではない。

音楽の大切さを凄さを改めて知らされたイベント。

そして、MUSIC CUBE PLUSとしてのアリスガーデンでの30分間は

今でも愛おしい音を、通りすがりの沢山の人の耳に届けることができる特別な場所。

そして、西条でのイベントはいつもと変わらず

老若男女が生の音を一緒に楽しむ大切な時間。

そんな場所に今年も変わらず7年連続で参加させて頂けて幸せです。

実は、この年最初にオファーかけたアーティストには、こっ酷い断られ方をした(笑)

でも、あの日はハッチハッチェルバンドでなければ乗り越えられなかったと思うのです。

今年は、あのイベントが再び開催されるらしい。

FOR 座 REST

逢いに行ってみようかな。

音楽が繋がっていることに気づかせてくれた

大切な人達に。

福島で暮らす人たちに。

覚えてくれているだろうか...

4年前のあの日から...

沢山の音楽に係る人が悩んだり、苦しんだりしたと思います。

今でも、同じように悩んでいると思います。

わたしなんて、ちっさなものです。

それでも、やっぱりあの日の会場いっぱいの

「泣き笑い」が私の心に焼き付いています。

未だに何が答えかはわからない。

それでも音楽が好きなことだけは

きっとみんな変わらない。

東北に生まれてよかった。

そんなふうに新しい命たちが口にしてくれる日まで。

きっと、この悩みに答えはでないんだろうなぁ。

忘れないでいよう。

伝えて行こう。

あの日の事を。


賛否両論のテーマ
作詞・作曲 ハッチハッチェル

世の中難しくてわからない
いつでも二股に分かれる道ばかり
大きな愛でくるんであげましょう
あなたの思うとおりにすればいい
賛否両論 ザワザワしてるけれど
賛否両論 どちらでもいいわ

異心電信

まりちゃんの愛は無限じゃないんよ!

と、まさかのあの子が言ったことがある。

深い愛

変わらぬ愛

強い愛

殿堂入りの愛

素敵な愛すべき馬鹿な大人達

Wマリの幸せ3デイズ。

終わってしまうとあっという間で

泣いたり、大笑いしたり、ニヤニヤしたり、キュンキュンしたり、ドキドキしたり。

愛にあふれた3日間。

思い出しながら寂しいなぁとおセンチに。

城下でのライブは、泣けて泣けて。

次から次に、火が付いた子みたいに涙が出た。

それでも、なぜかアースベリーでのライブは妙に安心感があった。

なんの根拠もないけれど

「大丈夫」

そんな気持ちでいっぱいで、私は元気に手を振ってお別れした。

私には、なにもできないけれど...

ほどほどに頑張って、でも誠実にイベントをやって行きたい。

久々にあのアイコンでLINEのベルがなって

「まりっぺ!西条行っていい??」

と、言われたときに1つ返事で「YES!」と言えるように。

そして、Wマリの幸せ時間ファイナルはヲルガン座。

沢山の音に包まれて。

相変わらずのかっこよさにへらへらして。

Wマリの新しい企みも生まれました。

去年は「均等に愛を注ぎましたね」と、こーぞーさんにほめて貰ったけれど...

わたし、今年は久々にオフィシャルストーカーを復活させようと思っております(笑)

3日間で出逢った沢山の「愛」に感謝。

「愛」に出逢わさせてくれた「音」に感謝。

好きな人に、直接好きと言えなかったり。

大事な言葉はおちゃらけてみたり。

ねじ曲がった私は、ねじ曲がって∞になればいいんじゃないかと時々おもったりもする...

個々のお礼は明日から丁寧にさせていただきます!!

気長に待っててください。

ありがとうございます!

と、大きな愛を送ります!

ご協力くださった方々、係わってくださった全ての人に感謝します。

ありがとうございました。

10471458_749212118519255_8247865948671250071_n.jpg


異心電信 - ベベチオ

良かれと思った時に限って駄目な人

神様どうかここから僕を外しておくれ

声に出す思いは 木霊し消えるのさ

伝わるかい 伝えてよ

伝わったら 伝えてよ

ららららら

‹ PREVIEW | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 |

MuKu magazine BLOG

November 04, 2015.
TITLE:CHILDREN
May 23, 2014.
TITLE:Fes! Fes
September 24, 2012.
TITLE:ルーツ
August 09, 2012.
TITLE:Recent w
July 27, 2012.
June 23, 2012.
December 04, 2011.
TITLE:思い出と
December 10, 2010.