Editor's Voice
MuKu magazine
MuKu magazineのエディター達によるブログ。
‹ PREVIEW | 1  2  3  4  5  6  7 |
a-bridge works

a-bridge blog
こちらをどうぞ!

Le parc où Uguisu chante

またCDを製作致しました。
渋谷HMVが閉鎖される事になり、CDというソフトに対する在り方を問われている時代ですが我々は創り続けます。
同じ時間を共有した方々と手渡しで届けていくものとしての価値を感じているからです。
今回の作品は私から皆様への心からのプレゼントです!
どうか受け取って下さい。
発売日は7月21日なのですが、a-bridgeにてプレリリースパーティーを開催致します。
何処よりも早く、受け取って頂きたい!
お時間ございましたら、是非お越し下さい。

2010.06.13.sun
うぐいすパーク 1st Album
「 Le parc où Uguisu chante」 Pre Release Party @ 三軒茶屋 a-bridge
Day Live
13:00 Open
15:00 Start
fee.2,000yen 1CD
(Family Charge 2,500yen 1CD)
お子様連れのご家族に、気ままに音楽を聴いて頂きたいと願い、開催させて頂きました。
最近、LIVE行ってないなと思ってらっしゃる方々是非お越し下さい!
(ご家族でお越しになられましたら一家族 2,500円の入場料を頂きCDを一枚差し上げます。)

Night Event 19:00 open
20:00 Strat
fee.2,000yen 1CD
Guest Live 小池龍平
Guest 小池龍平 (Gt.),Mr. ChoCho (Par),萬年将人 (SteelPan)

うぐいすパーク http://www.myspace.com/uguisupark
地球の子守唄は、いつでも大らかな心地よいメロディーと、そよ風のような優しいうたで出来ている。 成分は愛だ。 現代の童謡として残していきたい星のうた。詰め込まれすぎた世の中に、隙間を作る愛のうた。
2007年、パノラマスチールオーケストラ、Noosaで活躍中の青木賢三(Steel Pan)と、a-bridgeのフードコーディネーターでもあるフサコ(Vo.)により結成。三軒茶屋 a-bridgeにて開催されているFree Book "MuKu Magazine"主催のイベント"MuKu Party"にレギュラー出演する等、カフェを中心に活動中。2008年 須永辰緒氏の夜ジャズイクスピアリ ジャズジャンボリー、2009年 もみじ市 野外ライブに出演。 2008年、コンピレーションアルバム "MuKu Compilation" (DIW THE GARDEN)に「星のうた」で参加。2010年には、待望のデビューアルバム " Le parc où Uguisu chante "(ACADEMIC ANIMAL)をリリースする。

Le parc où Uguisu chante / うぐいすパーク
2010 / 07 / 21 On Release
ACADEMIC ANIMAL AcA-02
¥2,000 - (税抜 ¥1,905 -)

■ASA-CHANG(パーカッショニスト / ASA-CHANG & 巡礼)
フェイクや複雑なギミックがイヤらしく感じる程、シンプルでいて、純粋に透き通った音楽。
「美しい勇気」が、ここにはあります。

■古田ひろひこ(スタイリスト / Chelsea films)
歌声とスチールパンの音色が同じ波長で届き、どんな場所で聴いても一定の風景が広がる。
思わず「仲間に入れて」と云ってしまう一枚です。

■板谷由夏(女優)
a-bridgeの屋上で季節をかんじ、風に吹かれてフサコの唄を口ずさむ。
幸せで切ない愛する三軒茶屋の時間。

■伊藤千枝(ダンサー・振付家 / 珍しいキノコ舞踊団)
うぐいすパークを聞いて深呼吸。 一緒に空を見ながら歩きましょう。

■篠崎芽美(ダンサー / 珍しいキノコ舞踊団)
言葉の力がすごい。
あっと言う間に、胸まで届く声。
おはようの代わりに。
それから、
おやすみの代わりに、ぜひ。

a-bridge LIVE Jamboree!!

来週末、お薦めのイベントがございます。お時間ございましたら是非お越し下さい。a-bridgeならではの顔合わせ!ブッキングした私もグッときております。長い付き合いになった二人ですが共に新たなスタートを切りそうなタイミングでしたので、今回来て頂いた次第であります。

御待たせ致しました!LIVE Jamboreeの第五弾!今回は最高の二人の組み合わせでございます。まずは昨年イミグランツボッサバンドを離れソロワークに活動をシフトした"ray tekuramori"がJamboreeに連続出場!問答無用のバラードに聴き惚れて頂きます。そして、久々にソロで登場するは最強のスティールパン奏者 "伊沢陽一"、アコーディオン&ドラムのトリオ "キャッチリ"や、自身が主催するパンオーケストラ "wai wai steel Band"等の活動の幅を拡げ続けている自慢すべき仲間が、久々にa-bridge登場です!聴覚を心地よく刺激する二人のソリストのライブに是非いらして下さい!

2010.05.29.sat.19:00 open

fee.1,500yen
LIVE
ray tekuramori / 伊沢陽一
DJ
ray standard / GEWGAW / 久保田直樹 / ひげホルモン

http://www.a-bridge.jp/schedule/

Ticket〉
件名に[「LIVE Jamboree!! 05 」ライブ予約]
と明記の上、お名前・お電話番号・チケット枚数をご記載頂き上記メールアドレスにお申し込み下さい。
返信後受付完了となります。
Mail : info@muku-magazine.com
(返信後受付完了となります。)
〈Information〉
a-bridge
Tel 03-3418-5013(15:00~24:00)

MuKu Party 29 うぐいすパーク

昨晩のMuKu Party!毎度毎度ですが酔いしれました。
現在、アルバムレコーディング中の"うぐいすパーク"のライブに感動。
一瞬にして静寂を創り出す彼達のライブは、「聴き入らせる」隙き間を二人というシンプルな構成で演出している。
音源にする上で非常に高度で難しい事ではあると思うが、NOBUの手腕でどう表現してくれるか楽しみでもある。
予定では、6/13にa-bridgeにてリリースパティーを開催致します。
皆様の手元に僕からの真心こもったプレゼント。
是非、受け取って下さい!

MuKu Party 29

花見気分で、ボーっとしておりましたら明日になってしまいました39回目のMuKu Party!!もう予定入れちゃったよ!とは云わず、是非お時間ございましたら遊びにいらして下さい!!御待ちしております。

MuKu Party 29 / 2010.04.10.sat / 19:00 Open
FEE.1,000yen
LIVE
うぐいすパーク
racoustik
DJ
GEWGAW / HIROTRIP / 六金一郎
LIVE
20:30 racoustik / 21:40 うぐいすパーク

MuKu Party 29 / 2010.04.11.sun / 18:00 Open
FEE.1,000yen
LIVE
西島浩史
人と人
(Vo.Gt : 薄井信介 / Key : sugames japon / Bass : 小谷和秀 / Dr : Mr.Cho Cho)
DJ
久保田直樹 / GEWGAW / ひげホルモン
LIVE
20:00 人と人 / 21:30 西島浩史

http://www.a-bridge.jp/schedule/

四日市ー広島ー四日市

今週末!MuKu magazine Presentsのイベントを四日市にて開催致します!
お時間ございましたら遊びにいらして下さい!!

2010.03.20.sat
Bonjour!! @ Frederika
http://www.radicafe.com/
19:30 Open / 23:00 Close
Fee 2,000yen (with 1d)
LIVE
 Alter Bingo / 西島浩史
DJ
 GUNSHIP / CORN / zico

19:30 DJ zico
19:30 DJ CORN
20:40 LIVE 西島浩史
21:10 DJ GUNSHIP
21:30 LIVE Alter Bingo
22:10 DJ CORN & GUNSHIP
23:00 CLOSE

2010.03.22.mon
Bonjour!! @ALCHEMISTA COFFEE
http://www.alchemista-coffee.jp/
17:00 Open
Fee 2,000yen (with 1d)
LIVE
 tio / Alter Bingo / 西島浩史 / θ〜theta〜
DJ
タンク / 奥村和泉

17:00 DJ
17:30 LIVE 西島浩史
18:00 DJ
18:20 LIVE θ〜theta〜
18:50 DJ
19:20 LIVE Alter Bingo
20:00 DJ
20:30 LIVE tio
21:10 DJ
21:40 fin

21日にはAlter BingoがMuKu Blogでもお世話になっている川野さん主催の「本間四畳半」枠として広島テレビが主催する「MUSIC CUBE」に参加致します!そちらも是非どうぞ!

珍しいキノコ舞踊団

皆さんご存知であろう日本が誇るコンテンポラリーダンスカンパニー「珍しいキノコ舞踊団」。
主宰の伊藤千枝さんは、教育テレビ「ドレミのテレビ」、映画「めがね」のメルシー体操の振付けで有名な方。a-bridgeファミリーの篠崎芽美ちゃんも所属する事で、a-bridgeの皆様はよくご存知の筈。

私と「珍しいキノコ舞踊団」との出会いは七年前まで遡る。映像作家のメリケンサックの紹介で、「彼女の所属するダンスカンパニーに観に行きませんか?」と誘いを受け、目黒クラスカで行なわれた公演を観に行く事になる。「ダンスかよ...」と半信半疑の状態でお付き合いで行ったにも関わらず、その公演の面白い事面白い事。「ダンスってこんなに面白いの!」と思わされ、気付けば一緒に踊っておりました。恐るべし!
私とダンスの関わりを持たせて頂いたカンパニー。「キノコが最初で良かった〜!」と拳を突き上げたくもなる。そんな経緯もあり、ダンス公演の合間にお手伝いして下さいと芽美ちゃんをa-bridgeにスカウトするに至る。それ以降、皆様と仲良くして頂き、身近な存在ではあるが、現在の芸術界にとって欠かす事の出来ない宝石の様な方々という認識も持ち合わせている。有り難や!有り難や!
今週の金曜日から、世田谷パブリックシアターにて新作「私が踊るとき」を公演。個人的に相当楽しみにしております。「珍しいキノコ舞踊団」を好きで入団して来た二世代目のダンサーさんも増え、よりいっそう「キノコとは何ぞや?」と我々に突きつけてくれそうなそんな予感を感じる本公演。まだ若干の当日券もあるそうなので、皆様、足を運んでみては如何でしょうか?

珍しいキノコ舞踊団最新作『私が踊るとき』
2010年1月22日(金)〜25日(月)
1月22日(金)20:00
23日(土)20:00
24日(日)16:00
25日(月)20:00
《会場》世田谷パブリックシアター
《料金》全席指定
一般     前売4,000円/当日4,500円

振付・構成・演出 伊藤千枝

出演 山田郷美 篠崎芽美 茶木真由美 中川麻央 梶原未由 伊藤千枝

《お問い合わせ》
珍しいキノコ舞踊団 mail@strangekinoko.com
世田谷パブリックシアターチケットセンター TEL
03-5432-1515 http://setagaya-pt.jp/

MuKu magazine 07 Release!!!

muku_07_cover.jpg


MuKu magazine 07号、完成いたしました!
今月末よりリリース開始致します!都内はちょっと早めの来週よりリリース予定。

また明日2010.01.15(FRI) 、特集に参加くださったF.I.B JOURNAL・小池龍平を迎えて、
リリースパーティーをa-bridgeにて開催いたします!
19:00 Start、Fee.1,500yenとなっております!

お楽しみに!!!

*イベント詳細詳しくはコチラ

謹賀新年2010

新年あけましておめでとうございます。
2010年のMuKu magazineは今まで以上に活動的な一年を送りたいと思っております。
何卒宜しくお願い致します。

2010年1月15日にMuKu magazine 07をリリース致します。
連日、編集作業を続けております。
どうぞご期待下さい!

そして、07号のリリースを記念してこんなイベントを開催致します!

2010.01.15
MuKu magazine 07 Release Party
19:00 Start
Fee.1,500yen
LIVE
F.I.B JOURNAL / 小池龍平
DJ
NOBU(Immigrant's Bossa Band)/ Keisuke Taniguchi(THINK!) / GEWGAW / 久保田直樹

http://www.a-bridge.jp/schedule/

Immigrant's Bossa Band

語らずもがなクラブジャズシーンで活躍する通称IBBと呼ばれているバンド。彼らとの出会いは遡ること9年前、当時は別のバンドで活動していたバンマスのNOBU。麻布十番の会員制のラウンジバーでのイベントのオーガナイザーをしていた時にライブをして貰っていた。「次、何にやりますか?」とキラキラした目で言われ続けていた御陰で、今こうして様々なことに関わらせて頂いている。あれから9年、彼は私にとって休むことを許さない存在で、30年間怠け者のレッテルを貼られていた私の良いリハビリになってくれた。気付けばお互い様々な環境で沢山の経験を積んで来た。言わば戦友である。
Immigrant's Bossa Band結成後、陰ながら応援し続け、彼達の御陰で沢山の仲間との出会いを生んでくれた唯一無比の存在。あれから6年。彼達は新たな一歩を踏み出そうとしている。バンドの中心的存在のボーカルRayの脱退。感傷的になる気持ちは多々あるが、共に前向きに音楽活動をするにあたっての結論である以上、それぞれを応援する気持ちは変わらない。IBBは新たなカタチで、勿論活動を続ける。
私にとってNOBUという男は、常にワクワクを生んでくれる存在。イメージを付けられない私達は発想が貧困であると、彼は笑っていると思う。そんな彼達のa-bridgeでのラストステージ。どんな出会いを生んでくれるか今から楽しみでしょうがない。お別れと、新たな出会いを生むであろう記念すべき日の証人になる事を私はお薦めする。

2009.12.30.wed
Immigrant's Bossa Band 2009 a-bridge Final
16:00 Open
18:00 DJ Start / 20:00 LIVE Start
fee 1,500yen
LIVE 
Immgrant's Bossa Band
DJ 
Keisuke Taniguchi(THINK!!)
Atsushi Sano(STAR DISH)
城内宏信(PRIMO)
久保田直樹(下道で行きましょう)
黒蜜クルー(From 新潟)
GEWGAW(MuKu magazine)
... and more
‹ PREVIEW | 1  2  3  4  5  6  7 |

MuKu magazine BLOG

TITLE:CHILDREN
May 23, 2014.
May 13, 2014.
TITLE:Fes! Fes
September 24, 2012.
TITLE:ルーツ
August 09, 2012.
TITLE:Recent w
July 27, 2012.
June 23, 2012.
December 04, 2011.
TITLE:思い出と
December 10, 2010.