Editor's Voice
MuKu magazine
MuKu magazineのエディター達によるブログ。
a-bridgeのイベント

今週末の三軒茶屋a-bridge二つのイベントのご紹介。
F.I.B JOURNALが金佑龍君を招いての「BRIDGE 09」と、元はF.I.B JOURNAL山崎円城さんが繋いでくれた「BRIDGE 02」が縁で仲良くなった高鈴の休養前ライブ。
出会いが出会いを生み直接の関係になる。そんな正しいイベントを開催しております。
偶然にも土日で開催されるこの二つのライブ。
皆様にはどう感じて頂けるでしょうか?
私は誰よりも楽しみにしております。
素晴らしい二日間。
是非三茶の屋上で感じて下さいませ。

a-bridge 舘 則之 

 
 
 

2014.02.15.sat 
BRIDGE 09 
18:00 Open  
Fee. 2,000yen [小学生以下無料]
(Family Tiket 2,500yen/1family) 

LIVE 
 F.I.B JOURNAL DUO+1(Little Woody)
 金佑龍(キム ウリョン)

DJ
 DOSHO(明神クルー)
 masu(宇宙キャンプ)
 
 
 
20120314_1913405.jpgF.I.B JOURNAL
http://fib-journal.weblogs.jp/

元Noise on Trashの山崎円城がmama!milkとの競演を経由して2003年に立ち上げた国内屈指のポエトリージャズプロジェクト。

ヴィジュアルファッション誌"commons&sense"との共同テーマ企画で制作・Book in CDとして販売されたシングル"Other Side Journal"が話題に。

2003年10月に1st Album "F.I.B HEADLINE"を発表。

2005年からはEgo-wrappin'のサポートベーシストとして活躍する真船勝博に、1st Albumから参加のドラマー沼直也が正式加入。ストリートセッションに対応するトリオ編成に。

コントラバスとドラムのセッションを基調とし、その上に自在なスポークンワーズが絡む独特なスタイルは現代版のビートニク音楽と表される。圧巻なライブには定評がある。

2006年3月 2nd Album "ROUTINE4229"

2007年9月 3rd Album "Ordinary Folk Records"

2009年1月 4th Album "Calm & Punk"を発表。

近作"Calm & Punk"はパンクの精神を抱いたビートニクの怒れるジャズ。

photo by (F.I.B JORNAL × masashi noda Photobook "Small Change " 15,000yen )

 
 
金-佑龍.jpg金 佑龍
http://kim-wooyong.com/

表記は金 佑龍 
読みはキム ウリョン
K-POPぽくない洋楽然とした邦楽を目指す旅する酔いどれ吟遊詩人。
2002年cutman-boocheというBANDを大阪で結成し、2004年から2011年解散までに数々の作品をリリースし、多方面から評価され、John Butler TrioやTeteといった海外アーティストのO.AやFUJI ROCK FESTIVALをはじめとする数々の大型Fesにも出演しオーディエンスを沸かせる。
cutman-boocheを解散後、2011年中旬から本格的にソロ活動を開始。
ふわりふわりとヒリヒリの中にメランコリック、トラディショナル、オーガニックサーフミュージック経由の音遊びその隙間に入り込むループサンプリングに人懐こいハスキーボイスは黒人音楽にも強く影響を受けた痕が見える。何処かの誰かに似てるようで何処の誰にもないオリジナリティー。
時々3人〜6人編成で 全国を絶賛好評行脚中!
トムウェイツとチャーリーチャップリンと山田かまちに憧れラムとウイスキーと落語が大好物である。
一方、自身のsessionBAND型プロジェクトPAHUMA名義とBIGNOUN名義で河原真(ROCK'A'TRENCH)脇山広介(tobaccojuice) 中嶋康孝(スピカ)と結成し活動を始める。
Woodyの絵本ライブなどでもギターとしてサポート参加。
 

time schedule
18:00-19:00 DJ masu 
19:00-20:00 DJ DOSHO 
20:00-20:50 LIVE 金佑龍
20:50-21:30 DJ masu 
21:30-22:30 LIVE F.I.B JOURNAL DUO+1 
22:30-23:30 DJ DOSHO 
23:30-24:30 DJ masu 
fin 

 
 
                                                         
 
 

2014.02.16.sun
高鈴 Live 2014 at a-bridge
adv 2,500yen / day 3,000yen
Open 17:00 / Start 18:00

高鈴アー写2013.jpg


高鈴
http://littledancemusic.com/callin/

京都出身のアコースティックユニット。
現在は東京在住。
鈴のかすかな音の様に、繊細な感情や音の響きを表現したい気持ちを込め
"高く鳴る鈴"「高鈴(コウリン)と命名。
1998年結成。
日本語の切なさや儚さを、音楽に載せるオリジナル楽曲の多さが特徴的。
2003年、SONY MUSIC RECORDSとメジャー契約。
デビュー曲『真夜中の後悔』で独自の存在感を全国に放つ。
アルバム3枚、ミニアルバム2枚、シングル1枚をリリース。
サードアルバム『ヒビノウタ』ではテレ東系アニメ「続夏目友人帳」の
エンディングテーマ、『愛してる』で幅広いファンを獲得。

2009年、自主レーベル「little dance music」設立。
2009年『うたかた』2011年『砂の時間』を発表。
2012年初のDVD「高鈴in目黒PersimmonHall」をリリース。
最新作「新世界」を2012年10月にリリース。
弦楽プレーヤー総勢23名と「高鈴オーケストラ」を結成し、
レコ初ライブとして渋谷さくらホールを完売。
ポップスとクラシックの融合を成功させる。
また新世界ツアーでは初の韓国ライブも行い、
高鈴の楽曲を韓国人アーティストがカバーするなど
今後、韓国と高鈴の交流も期待させる。
2013年、二回目の韓国ソウルツアーも成功に終える。



予約:info@littledancemusic.com
お問い合わせ:tel:03-3418-5013 (a-bridge)

Back to MAIN PAGE

コメントする

MuKu magazine BLOG

TITLE:CHILDREN
May 23, 2014.
May 13, 2014.
TITLE:Fes! Fes
September 24, 2012.
TITLE:ルーツ
August 09, 2012.
TITLE:Recent w
July 27, 2012.
June 23, 2012.
December 04, 2011.
TITLE:思い出と
December 10, 2010.