Editor's Voice
MuKu magazine
MuKu magazineのエディター達によるブログ。

GWにこんなイベント如何ですか?

様々な音楽に触れてきた人達の宴

しっぽりと音楽に浸れる一日となっております。

是非!
 
 


2013.05.04.sat 
BRIDGE 08 @ 三軒茶屋a-bridge
Fee.2,500yen with 1CD(3rd album "Ordinary Folk Records" )
19:00 Open 

LIVE 
 F.I.B JOURNAL DUO +1 
 SAGRY SAGRY 
 (児玉奈央×AyA×トンチ×北山ゆう子×パードン木村)
DJ's
 DOSHO (明神クルー)
 MASU(宇宙キャンプ)





  

20120314_1913405.jpgF.I.B JOURNAL
http://fib-journal.weblogs.jp/

元Noise on Trashの山崎円城がmama!milkとの競演を経由して2003年に立ち上げた国内屈指のポエトリージャズプロジェクト。

ヴィジュアルファッション誌"commons&sense"との共同テーマ企画で制作・Book in CDとして販売されたシングル"Other Side Journal"が話題に。

2003年10月に1st Album "F.I.B HEADLINE"を発表。

2005年からはEgo-wrappin'のサポートベーシストとして活躍する真船勝博に、1st Albumから参加のドラマー沼直也が正式加入。ストリートセッションに対応するトリオ編成に。

コントラバスとドラムのセッションを基調とし、その上に自在なスポークンワーズが絡む独特なスタイルは現代版のビートニク音楽と表される。圧巻なライブには定評がある。

2006年3月 2nd Album "ROUTINE4229"

2007年9月 3rd Album "Ordinary Folk Records"

2009年1月 4th Album "Calm & Punk"を発表。

近作"Calm & Punk"はパンクの精神を抱いたビートニクの怒れるジャズ。


F.I.B JOURNAL
 山崎円城(Vo+G) 真船勝博(Wb) 沼直也 (Dr)
 
photo by (F.I.B JORNAL × masashi noda Photobook "Small Change " 15,000yen )

 
今回は鍵盤奏者の川畑淳を招き、オルガン編成で登場。

F.I.B JOURNAL DUO + 1
 山崎円城(Vo+G)
 沼直也(Dr)
 川畑淳(Organ)


 
 

 

SAGRY SAGRY

 児玉奈央(Vocal/Percussion)  http://www.naoecho.com/
 AyA(Bass) http://ooioo.jp/
 トンチ(Vocal/Steel pan)  http://www.tonchii.com/
 北山ゆう子(Drums) http://lakesound.blogspot.jp/
 バートン木村 http://www.pardonkimura.com/


 
 
 


17:00-17:40 リハ F.I.B JOURNAL
17:50-18:30 リハ SAGRY SAGRY

19:00 Open 
19:00-20:00 DJ MASU 
20:00-20:50 LIVE SAGRY SAGRY 
20:50-21:30 DJ DOSHO 
21:30-22:20 LIVE F.I.B JOURNAL 
22:20-23:20 DJ DOSHO 
23:20-24:20 DJ MASU 




a-bridge
〒154-0024
世田谷区三軒茶屋2-14-12三元ビルRF
tel 03-3418-5013
HP: http://www.a-bridge.jp/

Back to MAIN PAGE

コメントする

MuKu magazine BLOG

TITLE:夜の森
August 29, 2013.
August 22, 2013.
TITLE:Fes! Fes
September 24, 2012.
TITLE:ルーツ
August 09, 2012.
TITLE:Recent w
July 27, 2012.
June 23, 2012.
December 04, 2011.
TITLE:思い出と
December 10, 2010.